ログアウト

公開の流れ(全商品共通)

公開の依頼が来たら

ディレクターから公開依頼メールが来たら、公開処理を行います。
なお、公開は翌3営業日以内に行うルールになっています。(※繁忙期は翌5営業)
もし事前相談なしに納期が短くなっている場合はディレクターに各々確認してください。

事前相談なしに短い納期で依頼された場合
直接ディレクターに連絡して納期をもらってください。
もし事前に短い納期でやってほしいと相談された場合、自分が可能であれば対応してください。難しい場合は無理に受ける必要はありません。交渉してください。

それでもどうしても短い納期で依頼された場合
検品一切なしで先に公開、その後社内検品でよければ対応するで交渉してください。

システムオリジナル(プレミアム)の公開作業フローはこちら

公開前処理

セルフチェック

目安として依頼当日か依頼翌日の午前中にはセルフチェックを終えて社内検品に出しましょう。
セルフチェックシートはこちら
オリジナルの場合:「コーディング:セルフチェック・検品項目」タブのB列を確認する
システムオリジナルの場合:「コーディング:セルフチェック・検品項目」タブのD列を確認する

社内検品

メールテンプレートを使用して検品依頼メールを送ってください。コネクトで対応します。
※宛先は自動でseisaku@になっていますので、そのままにしてください。
※万が一、検品戻し希望が24時間を切る場合はコネクトに対応可能かSlackで確認しましょう。

検品修正作業

検品依頼で指定した期日までに検品結果がメールで届きますので、その内容を修正します。
修正を反映したら、検品者に修正完了の旨をメールで返信してください。
急いでいる(時間がない)場合は、公開作業を行ってから、検品者に修正および公開完了の旨をメールで返信してください。

公開前処理・公開処理

ドメイン移管案件で、サーバー切替が必要な場合

①ShareのHPデータまたはmigrationデータを最新にしておく
②ドメイン移管_helpでサーバー切り替えを依頼
③ドメイン移管の担当者が切り替えを行います
④1時間~72時間以内にサーバーが切り替わります(※そのため、公開日指定はそもそもできません。ディレクターには共有済みです。)
⑤切り替わり完了のタイミングは想定が付かないため、コーダー自身も定期的にチェックしましょう。切り替わりが確認でき次第、エックスサーバーの管理画面からSSLの設定、ホームページの動作確認や.htaccessを設置するなどの公開後作業を進めてください。
※SSLが浸透するのに1時間かかります。SSL浸透次第.htaccessを設置してください。(浸透しない状態で.htaccessを設置するとエラーが出ます)

WordPressの入っているサイトの場合

公開方法が特殊なため、下記を参照してください。
告知サイトがある場合のオリジナル・システムオリジナルの公開方法はこちら
システムオリジナルの公開方法はこちら
告知サイトなしのオリジナルの場合は、そのままデータを所定のFTPに上げればOKです。

公開後の作業

「コーディング:セルフチェック・検品項目」タブの「検品が戻ってきた後、担当コーダーが行う作業」から以下の作業を行ってください。
セルフチェックシートはこちら