ログアウト

MPクラウドの連携方法

オリジナルの場合

MPクラウドと連携している場所

mpcloudディレクトリ ※一切触らないデータは割愛させてもらいます。

「config」>「env.php」
独自ドメインを記入することで、お客様のアカウントと紐づけるためのファイルです。

「news」>「news01.php」
TOPページに使用する、日付+カテゴリ名+タイトル(リンク付き)を表示させるファイルです。

「news」>「news01_honbun.php」
TOPページに使用する、日付+カテゴリ名+タイトル+本文を表示させるファイルです。
使用する際は、ファイル名の_honbunを消して、「news01.php」にして使用してください。

「news」>「news02.php」
お知らせ一覧ページに使用するファイルです。
お知らせが全件表示されます。

全html共通(Template) ヘッダー・スマホナビの予約ボタン

※現時点で使うことがほぼないので、通常時はコメントアウトしています。
制作開始時点でMPクラウドの予約・問診を使うことが決まっている場合はこの下記のコードを使ってください。

リンクに入っている、.mpcloud_reserve、.mpcloud_monshinのクラス名がトリガーになって、MPクラウドのURLを呼び出します。
このクラス名が入っていると、hrefでURLを入れていても強制的に上書きされますので、くれぐれもこのクラス名の取り扱いには注意してください。

フッターのスクリプト(2か所)
下記がWEB予約・問診・お知らせ・診療状況表示を行うためのスクリプトになっています。
基本的に何も触らずに、そのまま残しておいてください。

index.html お知らせ

お知らせを呼び出すコードです。

診療状況表示

診療状況表示を表示させるコードです。
このコードは絶対に削除・コメントアウトしないでください。
表示・非表示の切り替えはMPクラウド上で行うため、消してしまうと、お客さんが表示させたいと思ってONにしても表示されない状況になってしまいます。
初期CDの際は、表示されるかどうかを必ずチェックしてください。

news.html お知らせ
下記がお知らせを表示させるためのコードになっています。
下記のスクリプトで、.news_textというクラスのある場所にnews02.phpのデータを表示させるという仕組みになっています。

フッターのスクリプト
お知らせを表示させるためのスクリプトです。

本番環境

MPクラウドのアカウントを開設する

開設方法はこちらを参照

開設したらお知らせ投稿や、診療状況表示が出るかテストしてください。
お知らせや診療状況の使い方はこちら

「mpcloudディレクトリ」>「config」>「env.php」の編集

下記の「https://test-original.demo-mpcloud.com」を独自ドメイン名に変更してください。

以上で設定は完了です。
エラー等が起きた場合はQ&Aを参照してください。
それでも分からない場合は#web制作で聞き、それでも解決できない場合は#mpクラウド_generalで正代さんに質問して教えていただきます。

テスト環境(hero1160xx.xsrv.jp)

MPクラウドのアカウントを開設する

開設方法はこちらを参照

開設したらお知らせ投稿や、診療状況表示が出るかテストしてください。
お知らせや診療状況の使い方はこちら

「mpcloudディレクトリ」>「config」>「env.php」の編集

下記の「https://test-original.demo-mpcloud.com」を独自ドメイン名に変更してください。
※告知サイトを開設している or 旧サイトがすでにヒーローの管理下にある場合は独自ドメインで動きます。
ドメイン移管前の案件だけ特殊な設定が必要になります。

以上で設定は完了です。
エラー等が起きた場合はQ&Aを参照してください。
それでも分からない場合は#web制作で聞き、それでも解決できない場合は#mpクラウド_generalで正代さんに質問して教えていただきます。

ドメイン移管前のテスト環境(xxxx-check-xserver.jp or hero1160xx.xsrv.jp)

MPクラウドのアカウントを開設する

開設方法はこちらを参照

kintoneの基本情報のURLを変更する

下記の画像のように、1行目にテストサーバーの情報を入れてください。

※画像上ではhttpになっていますが、httpsが正しいです!
MPクラウドのシステムは基本的にSSL化された状態のURLで正しく稼働します。
そのため、テスト環境もSSL化してください。
SSL化の方法はこちら

「mpcloudディレクトリ」>「config」>「env.php」の編集

下記の「https://test-original.demo-mpcloud.com」をxxxx-check-xserver.jp or hero1160xx.xsrv.jp(xx部分は該当のドメイン名)に変更してください。

以上で設定は完了です。
エラー等が起きた場合はQ&Aを参照してください。
それでも分からない場合は#web制作で聞き、それでも解決できない場合は#mpクラウド_generalで正代さんに質問して教えていただきます。

システムオリジナル(HERO CMS)の場合

システムオリジナルの場合、基本的にphpファイルなどの内部を編集することは一切ありません。アカウントの開設と動作確認だけでOKです。
front-page.phpにお知らせ、診療状況表示が出ます。
page-news.phpにお知らせ一覧が出ます。

本番環境

MPクラウドのアカウントを開設する

開設方法はこちらを参照

以上で設定は完了です。
エラー等が起きた場合はQ&Aを参照してください。
それでも分からない場合は#web制作で聞き、それでも解決できない場合は#mpクラウド_generalで正代さんに質問して教えていただきます。

ドメイン移管前のテスト環境(xxxx-check-xserver.jp)

MPクラウドのアカウントを開設する

開設方法はこちらを参照

kintoneの基本情報のURLを変更する

下記の画像のように、1行目にテストサーバーの情報を入れてください。

※画像上ではhttpになっていますが、httpsが正しいです!
MPクラウドのシステムは基本的にSSL化された状態のURLで正しく稼働します。
そのため、テスト環境もSSL化してください。
SSL化の方法はこちら

以上で設定は完了です。
エラー等が起きた場合はQ&Aを参照してください。
それでも分からない場合は#web制作で聞き、それでも解決できない場合は#mpクラウド_generalで正代さんに質問して教えていただきます。