ログアウト

GA4とUAを管理画面上で接続する方法

接続作業が必要な理由

これまでのユニバーサルアナリティクス(UA)でのデータ取得が、2023.7.1で終了し、今後はGoogleアナリティクス4(GA4)に代わります。
既存のサイトはUAで設定してありますので、GA4への移行が必要となります。

GA4のトラッキングコードをHPに追加する方法もありますが、下記の接続設定を行うことで、HPを編集せずに、既存のUAのトラッキングコードでGA4のデータが取得できるようになります。

動画

※音声なし
※UA側からの接続です。GA4のトラッキングコードを埋め込んでいる場合は少し手順が異なります。
※動画では、コンバージョン設定のインポートは行っていません。
必要があれば【手順5】を参考にインポートしてください。
※動画では、最後にkintoneの一覧を更新していますが、他の人との重複を避けるため、作業目に一覧を更新してください。

kintoneで案件確認(過去案件の作業をする場合)

GA4未対応案件一覧で、公開日が新しい方から作業してください。
他の作業者と重複しないように、作業前に一覧のGA4対応日とGA4設定者欄を入力してください。

編集方法(動画では最後に行っています)

  1. GA4未対応案件一覧で、右の編集ボタン(えんぴつアイコン)をクリック
  2. 「GA4対応日」と「GA4設定者」欄を入力
  3. 右の保存ボタン(フロッピーアイコン)をクリック

Googleアナリティクスにログイン

ログインのIDとパスワードは、ヒーローカスタマーのお客様パスワードタブで確認できます。
※ 先ほどのkintoneの一覧の、一番左のアイコンをクリックするとHERO Customerのレコードが開きます。
Googleアナリティクスのログインページ

アナリティクスにログインできない場合

古い案件の中には、お客様のGoogleアカウントを使用していて、ログインしようとすると二段階認証を求められる場合や、そもそもアカントが不明な場合などがあります。
その場合は、新しくアナリティクスアカウントを作成してください。

参考:新しいGoogle Analyticsでのトラッキングコード取得方法(UAから始まるもの)
※こちらのイントラではUAプロパティを作成していますが、過去案件の場合はUAの作成は不要です。

使用するGoogleアカウント

こちらのkintoneに記載されているアカウントのうち、最新のものを使用。
当該案件のお客様パスワードにも追加してください。

アカウントの設定

アカウント名に院名を入れ、次へ

プロパティの設定

プロパティ名:院名を入れる
レポートのタイムゾーン:日本
通貨:日本円

ビジネスの概要

何も入れなくてOK

利用規約

日本に変更して同意する

保持期限の延長

GA4プロパティのデータ保持期限を延長します。

  1. 左上の検索窓で医院名を検索し、該当のGA4プロパティを開く
  2. データの保持期限を確認
    データ設定 > データ保持 >「イベントデータの保持」を14か月に変更。

GA4トラッキングコードの取得と埋め込み

  1. データストリーム > 表示されているプロパティをクリックして詳細画面を開く
  2. タグ設定手順の『新しいページ上のタグを追加する』部分にある、『グローバル サイトタグ(gtag.js) ウェブサイト作成ツールや、CMS でホストされるサイトをご使用の場合、このタグを設定』を開く
  3. 表示されているコードをコピーして、HPの<head>セクション内にペースト
    ※HPデータを触るときは、他の人が作業中ではないか、テスト公開中ではないかを必ず確認し、先祖返りに注意してください。

動作確認

手順はこちら

GA4プロパティの作成(作成されていない場合のみ)

  1. 左上の検索窓で医院名を検索し、GA4プロパティが存在しないことを確認
    ※作成済みの場合は、重複するので新しく作成しないでください。
  2. UAプロパティ管理画面を開く
  3. GA4設定アシスタント > はじめに
    ※ここで、「既存のタグを使用してデータ収集を有効にします(以下略)」部分に自動的にチェックが入っていれば、GA4のタグを埋め込む必要はありません。
    ここがチェックできない古い案件(UAよりもさらに古いGAタグ)の場合は、GA4のコードをHPに埋め込む必要があります。
  4. 『プロパティを作成』をクリック。

保持期限の延長

GA4プロパティのデータ保持期限を延長します。

  1. 左上の検索窓で医院名を検索し、該当のGA4プロパティを開く
  2. データの保持期限を確認
    データ設定 > データ保持 >「イベントデータの保持」を14か月に変更。

プロパティの接続

UAのトラッキングコードが埋め込まれていた場合は、UAのプロパティ管理画面から接続し、
GA4のトラッキングコードが埋め込まれていた場合は、GA4のプロパティ管理画面から接続します。

※蛇足ですが、いずれのトラッキングコードかというのは、厳密にはconfigのところではなく、jsのid=のところがUA-かG-かで判断するらしいです。
<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=UA-xxxxxxxxx-x"></script>

両方のトラッキングコードが埋め込まれている場合(GTMで埋め込んでいる場合も含む)は、逆に接続を解除してください。(二重計測になります)

現在サイトに埋め込まれているトラッキングコードを確認

下記のいずれかです。

  1. UAのトラッキングコードのみ
  2. GA4のトラッキングコードのみ
  3. UAとGA4のトラッキングコード両方
  4. UAとGTM、もしくはGTMのみ
  5. いずれでもない(analytics.js)
    ※古い案件(2017年8月以前)だと、gtag.js(UAやGA4で使用されているjs)ではなくanalytics.jsが使用されています。

確認方法

  1. ホームページにアクセス
  2. 右クリックで「ページのソースを表示」(Windows:Ctrl+U)
  3. 「gtag/」で検索(検索に引っかかれば下記 a~c、引っかからなければ d、e へ)

a. UA-xxxxxxxxx-xの記述だけがある場合

UAのトラッキングコードのみが埋め込まれている状態です。
UAプロパティの管理画面から、GA4と接続します。

<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=UA-xxxxxxxxx-x"></script>
<script>
window.dataLayer = window.dataLayer || [];
function gtag(){dataLayer.push(arguments);}gtag('js', new Date());
gtag('config', 'UA-xxxxxxxxx-x');
</script>
  1. GA4プロパティの管理画面を開く
  2. データストリーム > 表示されているURL(ストリーム)をクリック
  3. 測定IDをコピー
  4. UAのプロパティに移動
  5. トラッキング情報>トラッキングコード>「接続済みのサイトタグ」をクリック
  6. 「接続するタグの ID を入力します。」の欄に、先ほどコピーした測定IDを貼り付け
  7. 「接続」をクリック
  8. 次項『プロパティのリンク』に進んでください。

b. G-xxxxxxxxxxのトラッキングコードのみ

GA4のトラッキングコードのみが埋め込まれている状態です。
GA4プロパティの管理画面から、UAと接続します。

<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=G-xxxxxxxxxx"></script>
<script> window.dataLayer = window.dataLayer || [];
function gtag(){dataLayer.push(arguments);}gtag('js', new Date());
gtag('config', 'G-XXXXXXXXXX');
</script>
  1. UAプロパティの管理画面を開く
  2. トラッキング情報 > トラッキングコード
  3. トラッキングIDをコピー
  4. GA4のプロパティに移動
  5. データストリーム >表示されているプロパティ名をクリック > 「接続済みのサイトタグを管理する」をクリック
  6. 「接続するタグの ID を入力します。」の欄に、先ほどコピーしたトラッキングIDを貼り付け
  7. 「接続」をクリック
  8. 次項『プロパティのリンク』に進んでください。

c. UA-xxxxxxxxx-xと、G-xxxxxxxxxx両方がある

UAとGA4両方が埋め込まれている状態です。

下記のようにconfig部分のみ記述している場合と、単純に上記 ab 両方のトラッキングタグが埋め込まれている場合があります。(違いはありません)

この場合は、アナリティクスの管理画面からは接続しないでください。
二重計測になります。
接続されていた場合は、解除する必要がありますので、念のため次の手順で接続有無を確認してください。

<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=UA-xxxxxxxxx-x"></script>
<script>
window.dataLayer = window.dataLayer || [];
function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
gtag('js', new Date());gtag('config', 'UA-xxxxxxxxx-x');
gtag('config', 'G-XXXXXXXXXX');

</script>
  1. GA4プロパティ管理画面を開く
  2. データストリーム > 表示されいてるHPをクリックして詳細画面を開く
  3. 「接続済みのサイトタグを管理する」部分が、「0個を接続済み」になっていることを確認。1個以上になっている場合は、接続を解除してください。
  4. UAプロパティ管理画面に移動
  5. トラッキング情報 >トラッキングコード
  6. 「接続済みのサイトタグ」部分が、「0個が接続済み」になっていることを確認。
    1個以上になっている場合は、接続を解除してください。
  7. 接続されていないことが確認できたら、【動作確認】へ進んでください。

d. UAとGTM、もしくはGTMのみ

『gtm』で検索して、下記のようなコードが見つかれば、GTMを利用しています。
GTMでGA4の測定IDを設定し、アナリティクス管理画面ではUAとGA4の接続を解除します。

headタグ内 <!-- Google Tag Manager -->
<script>(function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start':
new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0],
j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src=
'https://www.googletagmanager.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f);
})(window,document,'script','dataLayer','GTM-XXXXXXX');</script>
<!-- End Google Tag Manager -->
body開始タグ直後 <!-- Google Tag Manager (noscript) -->
<noscript>
<iframe src="https://www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-XXXXXXX"
height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>
</noscript>
<!-- End Google Tag Manager (noscript) -->
  1. アナリティクス > GA4プロパティの管理画面を開く
  2. データストリーム > 表示されているURL(ストリーム)をクリック
  3. 測定IDをコピー
  4. タグマネージャーの管理画面にログイン
    • ログイン画面こちら
    • アカウントはアナリティクスと同じです。
    • アナリティクスのアカウントでログインできず、お客様パスワードのところにも記載がなければ、お客様が独自に使用しているGTMの可能性が高いです。その場合、GTMは利用できません。UAのトラッキングコードが、GTMとは別に埋め込まれている場合は、GTMのことは忘れて、上記の『a. UA-xxxxxxxxx-xの記述だけがある場合』の方法で対応してください。
    • GTMにログインできず、UAのトラッキングコードも埋め込まれていない場合は、メールの履歴などから、お客様の依頼で埋め込んだのか等、状況を確認して対応してください。解決しなければサポートチャンネル等でご相談ください。
  5. 当該クリニックのドメインをクリック
  6. タグ > 新規
  7. タグの設定 > 『Google アナリティクス: GA4 設定』を選択
  8. 先ほどコピーした、GA4の測定IDを入力(それ以外はデフォルトのままでOK)
  9. トリガー > 『All Pages』を選択
  10. 保存 > ポップアップでタグ名の変更画面が出るので、そのまま(『Google アナリティクス GA4 設定』 )保存
  11. 公開 > 適当に名前を付けて(GA4設定など)公開
  12. 二重計測にならないように、接続が解除されていることを確認
    ⇒ここまでの作業で、UAとGA4両方のトラッキングコードがGTMを経由してHPに設置されている状態になっています。
    c. UA-xxxxxxxxx-xと、G-xxxxxxxxxx両方がある』を参考に、アナリティクスの管理画面上での接続は解除してください。

▼動画はGTMにログインしたところからです。

e. いずれでもない(analytics.js)

『ga(』で検索して、下記のようなコードが見つかれば、analytics.jsです。
この場合は、GA4のプロパティを作成して、そのトラッキングコードコードをHPに追加で埋め込む必要があります。
※元々入っていたanalytics.jsの記述は触らずそのままにしておいてください。

<script>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','https://www.google-analytics.com/analytics.js','ga');ga('create', 'UA-XXXXXXXXX-1', 'auto');
ga('send', 'pageview');
</script>

GA4トラッキングコードの取得と埋め込み

  1. GA4プロパティ管理画面を開く
  2. データストリーム > 表示されているプロパティをクリックして詳細画面を開く
  3. 「接続済みのサイトタグを管理する」部分が、「0個を接続済み」になっていることを確認。1個以上になっている場合は、接続を解除してください。
  4. タグ設定手順の『新しいページ上のタグを追加する』部分にある、『グローバル サイトタグ(gtag.js) ウェブサイト作成ツールや、CMS でホストされるサイトをご使用の場合、このタグを設定』を開く
  5. 表示されているコードをコピーして、HPの<head>セクション内にペースト
    ※HPデータを触るときは、他の人が作業中ではないか、テスト公開中ではないかを必ず確認し、先祖返りに注意してください。

プロパティのリンク

※接続とは別の概念です。プロパティ同士をリンクさせることで、カスタム設定(目標設定を含む)を行っていた場合に、その設定情報を取り込むことができます。基本的に目標設定以外のカスタムは行っていないと思いますが、一応リンクさせておいてください。

  1. UAプロパティの管理画面を開く
  2. 「GA4設定アシスタント」をクリック
  3. 「既存の Google アナリティクス 4 プロパティに接続したい」の「既存の Google アナリティクス 4 プロパティを選択してください」のところで、GA4プロパティを選択
  4. 「プロパティをリンク」をクリック

コンバージョン設定のインポート(UAで目標設定してある場合のみ)

  • こちらの動画(GA4のプロパティを新規作成する場合の手順)の00:40~01:06で観られます。
  • 上記『プロパティのリンク』を行っていないと、インポートできません。
  • analytics.jsやGTMでコンバージョン設定を行っている場合も、インポートできないか、できても動かないと思います。(要検証)
    UAで目標設定をしている かつ analytics.jsやGTMを利用している場合は、必ずコンバージョンの動作確認を行ってください。動かなければサポート宛てにご相談ください。
  1. GA4のプロパティ管理画面に移動
  2. 設定アシスタント>「コンバージョンを設定」欄の矢印(「>」)をクリック
  3. リンクしたユニバーサル アナリティクス プロパティから既存の目標をインポートする > 「使ってみる」をクリック
    ※インポートできるものがなければこの選択肢は表示されません。
  4. すべて選択
  5. 右上の「選択したコンバージョンをインポート」をクリック

【2022.7.27追記】
インポートはできても、コンバージョンが動かない組み合わせがあるようです。
(Googleサポートに問い合わせたところ、技術的な問題が発生しており、解消に向けて取り組み中だが、いつになるかわからない、という回答でした。)
検証したところ、下記の表のような結果でした。
結論として、GA4でCV設定を行う場合は、GA4のトラッキングコードをHPに埋め込むか、GTMを使用する必要があります。
※GA4のトラッキングコードを埋め込んだ場合は、必ずアナリティクスの管理画面上でUAとの接続を解除してください。

トラッキングコード イベント設定方法 GA4でのCV計測可否
UA アナリティクス ×
GA4 アナリティクス
GTM アナリティクス ×
GTM GTM

※「イベント設定方法」が「アナリティクス」となっている部分は、インポートではなく、GA4で独自に目標設定した場合も含みます。クリックイベントしか検証していませんが、おそらくページビューなどでもダメそうです。

※GA4のトラッキングコードのみを埋め込んでいる場合、UAではコンバージョン計測できました。

動作確認

  1. GA4プロパティを開く
  2. 管理画面左側のサイドメニュー>レポート>リアルタイム
  3. ホームページにアクセスして少し待つ(タイムラグがあります)
  4. 表示回数のところが「1」以上になればOK
    ※変化がなければ、画面を読み込みなおしたり、少し時間をおいてから再度確認してください。
  5. コンバージョン設定を行った場合は、設定したイベント(クリックやページ読み込みなどのアクション)を起こしてみて、コンバージョン欄が動くことを確認

以上です。